ばる簿

十把一絡げ ギリギリじゃないと僕ダメなんだよ

【めざ熊1年生大会】ゴドラティマンムー

f:id:balbo6:20160422122125p:image

 
時は少々遡り2月、まだ僕たちが1年生の頃。めざ熊1年最強ゲーマーを決める戦いが行われました。
その名も晩飯杯
 

 

詳しくはかずみくんのブログ
を見てください。血で血を洗う激闘がそこにはあったーー
 
さて、この大会の最終種目がレート準拠シングルバトルでした。完全勝利を狙っていた僕は、しっかりパーティを練っていきました。それがこのドラティマンムーです。
 

パーティ紹介 f:id:balbo6:20160422125019p:plainf:id:balbo6:20160422125024p:plainf:id:balbo6:20160422125113p:plainf:id:balbo6:20160422125205p:plainf:id:balbo6:20160422125247p:plainf:id:balbo6:20160422125328p:plain

ラティアスクチートという並びがあることを知った僕は、メガボスゴドラクチートのようにアタッカーとして運用すれば活躍させられるのでは!?と思いました。物理をゴドラ、特殊をラティに見てもらいながら、消耗したゴドラを癒しの願いで再降臨させて詰め、という形を思い浮かべたところからスタートです。

 

ボスゴドラを使い続けてきた経験則に、弱点に限らず特殊攻撃全般が厳しいというものがあります。とくに浮いた電気タイプはどうやっても勝てないため、特殊と電気を見られるマンムーを採用しました。レートでは両方に一貫する気合球を撃たれて受けもへったくれもありませんでした

 

ここまでゲンガーを舐めきっているので、汎用性を保ちながらゲンガーにもそこそこ強く出られるメガバシャーモ、ここまででスイクン激重なので起点づくり防止役も兼ねてジャローダ、最後に僕がとっても信頼している†ペラップ†を入れて完成、みたいな流れだったと思います(よく覚えてない)

 

単体紹介

 

f:id:balbo6:20160422125019p:plain

ボスゴドラ(★ボスゴドLOVER★) ボスゴドラナイト がんじょう→フィルター

いじっぱり 167-177-200-66-80-82 (H172A244S82)

  M進化→167-210-250-72-100-82

ヘビーボンバー じしん れいとうパンチ けたぐり

 

国際孵化産色理想個体です。青銅のボディと輝く灼眼がかっこいい!!

なるべく多くの種類の物理アタッカーと殴り合って勝てるように技を選びましたが、何かを切ると誰かへの遂行速度が遅れてしまうのは難しいところです(岩技を切っているためにファイアローはH極振りでちょうど確3のヘビボンで戦うしかない)。

一番ダメだったのは対ガブリアスです。無補正極振りのじしんは確3*1なのでどの型のガブリアスにもれいとうパンチで勝てる…と思いきや ""さめはだ"" のせいで襷ガブリアスによく負けてしまうのが辛いです。Bにもうちょっと振れば良かったナァ

あと物理を見てもらう以上ガルーラとも戦いたいところですがグロパン→じしんの動きをされた時だけ落ちます。けたぐり一発では落とせないし、とほほ

Sはマリルリクチートになるべく上をとりたい気持ちでこのライン。甘えたニンフィアもついでに狩りたかった(レートで上をとることはなかった)

 

f:id:balbo6:20160422125024p:plain

ラティアス(デエス)ぼうじんゴーグル ふゆう

おくびょう 175-84-122-130-150-178 (H156B100S252)B個体値29

サイコキネシス なみのり いやしのねがい でんじは

 

NNは「女神」を表すフランス語から。

最も使いこなせなかったポケモンです。単体パワーが低すぎて完全にお荷物と化していました。めいそう無しに特殊を受けるにはタイプがミスマッチであると使ってはじめて気づかされました。

胞子対策にゴーグルを持たせても胞子持ちとマッチしないし、ゲンガーとの同速ゲーにはすべて負けるし、ヒードラン対策に波乗り持たせたのにタイマン負けるし、嗚呼虚無

うまい使い方をしてあげたかったです。

 

f:id:balbo6:20160422125113p:plain

マンムー(G★SPOTofマンP♪) @とつげきチョッキ あついしぼう

いじっぱり 185-183-100-81-112-116 (A132D252S116)

じしん つららばり じわれ こおりのつぶて

 

サブROMを買ってはじめて日英混合NNに挑戦して、後日激しく後悔しました

何の変哲もないチョッキマンムーです。じわれを生涯一度も当てていないこと以外は。受けループの誤魔化しも兼ねて搭載しているのですが、スイクン相手に4回も打たせてもらって当たらないのは…

ヒートロトムに手も足も出ないのでストーンエッジに変えましょう。

 

f:id:balbo6:20160422125205p:plain

メガバシャーモ(カ=chu❤シャ) バシャーモナイト もうか→かそく

いじっぱり 171-189-91-111-92-115 (H124A252B4D12S116)

  M進化→171-233-101-135-102-135

とびひざげり フレアドライブ バトンタッチ まもる

 

♀が出たので可愛らしいNNを考えました。そこそこお気に入りです。

加速バトンは特殊なギミックでなくとも強いですね。マンダに合わせて加速をマンムーにバトンする動きなど、臨機応変に動けていい活躍を見せてくれました。

Sを削ってHに振ってみたのですが、その弊害は晩飯杯で生じます。最終盤MバシャーモとMミミロップの一騎打ち、実数値を確認した僕は震えました。

 

1加速でミミロップ抜けなくないか?

 

135×1.5=202.5 最速135族S実数値 205

 

ち~ん(笑)

 

なお試合自体は2連まもるを決めて勝ちましたが、精神衛生上バシャーモのSは高いに越したことはない、という教訓が得られましたまる

 

f:id:balbo6:20160422125247p:plain

ジャローダイプシロン) @ラムのみ あまのじゃく

おくびょう 175-77-116-101-117-181 (H196B4C44D12S252)

リーフストーム へびにらみ ちょうはつ リフレクター

 

NNは高貴そうな言葉の響きから。意味はよく分かりません

一番思い出せないポケモンです。ラムのみは食べ残しだったかもしれないし、リフレクターはこうごうせいだったかもしれません。麻痺を撒いて後続が戦いやすい場を作れればいいな、程度の採用理由です。

 

f:id:balbo6:20160422125328p:plain

ペラップ(ペッチャラ) @きあいのタスキ するどいめ

おくびょう 152-76-65-144-62-157 (H4C252S252)

おしゃべり ばくおんぱ ちょうはつ アンコール

 

NNはダイパでNPCと交換して手に入るペラップのもの。

分の良い運ゲーを仕掛けられるので、僕の好きなポケモンです。おしゃべりの確定混乱→ばくおんぱの高火力は、等倍ならばほとんどのポケモンが致命傷です。交代、居座り、どちらにも刺さるおしゃべりはもっと評価されてもいいと思うのですが…!

わりと思考停止で先発に出していける面がありますが、ガルーラマンムーには滅法弱いため、これらを睨めるバシャーモとの相性も良好です。

特性や補助技のおかげで害悪型にも一矢報いることができます*2

 

 

 

晩飯杯・レーティング共に結果は散々でした。

選出パターンや試合の流れなども書くべきでしょうが欠陥欠陥アンド欠陥であるこのパーティのそれを載せても無益でしょうから今回は見送ります。

 

オリジナル構築を組めてホクホクして、実践でガッカリするのって僕だけじゃありません…よね?

 

ボスゴドラの対ガブリアスといいバシャーモの対ミミロップといい、しっかり実践を見据えて型やパーティを煮詰める重要性を感じました。

 

次の晩飯杯は勝ちます

*1:37.7%~45.8%

*2:勝てるとは言ってない