ばる簿

十把一絡げ ギリギリじゃないと僕ダメなんだよ

非アニオタの2017冬アニメ感想

だいぶ人と違うアニメの見方をしてるな、と感じます。

スマホで一気に溜め込んだ数話を見る、みたいなスタイルなかなかいなさそう。

 

 

 

 

色々と話題になったアニメが多かったシーズンですね。今期見たのは8本、振り返ってみましょう。忙しい人は語彙力の溶けたひとこと感想つきだけ見てってください。

 

 

3月のライオン

f:id:balbo6:20170416034050j:image

しぶーい!

 

2016秋に比べて作品の方向性が理解できてきたからか、最初から最後まで面白く感じました。零はもちろん、他の人物に関してもしっかり掘り下げて描かれてて見応えがありましたね。

 

f:id:balbo6:20170416034601j:image

見た人なら共感して頂けると思うんですけど、この話のメインヒロインって島田師匠でいいですよね?渋さだけじゃなくて故郷のために身体に鞭打つ熱さも魅力的でした。「将棋のまちから名人を」の看板と向かい合うシーンは必見ですね。

 

f:id:balbo6:20170416034815j:image

余談ですが実写版映画が始まってますね。僕も見にいきましたが、佐々木蔵之介のドンバマリっぷりは気持ち良さすら感じました。アニメの中の風景(階段を下りた川沿いの所)が実写であらわれてすごいなと思いました(順番が逆)

映画の後編とアニメの2期、共に今後も楽しみな作品です。

 

うらら迷路帖

f:id:balbo6:20170419175621j:image 

かわいー!

 

ヒロインが全員可愛いアニメ第一弾。ビジュアルの可愛さと、OP曲の良さが特徴的、というかほぼ全振りですね。ストーリーはあってないようなものですが、それもウィークポイントというよりはご愛嬌、かも。気に入ったところでいえば、最終話の衣装交換のところとかは非常に良かったと思います。

 

前述の通りみんな等しく可愛いんですけど、もう少し各キャラを掘り下げる話があればもっと入り込めたかなあと思います。千矢はだんだんお腹見せなくなっていくし。今後に期待ですね。

 

 

セイレン

 f:id:balbo6:20170416065557j:image

(幼馴染が)ほしー!

 

ルート分岐系ラブコメは今まで見たことないジャンルだったので新鮮でした。個人的にお気に入りなのは〜年後のふたりの姿が描かれているところですね。痒い所に手が届く、というか。

 

f:id:balbo6:20170416070032j:image

やっぱり僕は、王道を征く…今日子ですかね。あどけなさは良さ、というのを感じました。「〇〇ちゃん」って呼んでくれる幼馴染がほしい人生だったと、誰もが思いながら死んでいく。あと、「歯」がしっかり書かれていると色気が生じるなあって思いました。

 

 

One Room

f:id:balbo6:20170416041531j:image

 (Blu-rayが)ほしー!

 

セイレンと同じくルート分岐系(こっちは最初から別世界?)ですね。一人称視点で、その性質上近めにヒロインの顔が描かれるので少しドキドキしました(純情)

 

f:id:balbo6:20170416041941j:image

僕は桃原奈月一択ですね。「まーたこいつ年下選んでるよ」と思うなかれ。この子の境遇込みで考えながら見ると涙なしには見られないんですよ。僕は5度見て5度泣きました。*1

 

見てない方のためにあらすじを。

 

東京で忙しく働く自分のもとに、長野から妹の桃原奈月がやって来ます。奈月はだらしない一人暮らしの有様を見て一生懸命世話を焼きます。自分は奈月の頑張りに感謝するも、しかし忙しさの疲れからか十分に応えてあげられません。

 

はいここ!ここがまず死にたくなるポイントです。

 

f:id:balbo6:20170416043730j:image

「お兄ちゃんご飯できたよ…」

f:id:balbo6:20170416043905j:image

「そっか、…疲れてるもんね」

 

ここで泣かない人いるんですかね?お互い悪くないのに、すれ違ってしまう悲しさ。分かっているのにどうすればいいか分からない奈月の表情。長野からはるばる来てくれた妹にこんな顔をさせてしまう自責の念。すべてが心に刺さります。

 

ある時自分は奈月に長野に帰るよう告げます。その理由は「妹の優しさに応えられない自分が情けないから」。それを聞き反論する奈月、「ずっと頑張ってるじゃない!お兄ちゃんは…ずっと頑張り屋で…」

 

「ずっと頑張ってるじゃない」は反則ですね。素直になれない奈月の直球な励ましはうわべだけじゃない芯のある言葉です。全然頑張ってない僕が共感するのも申し訳ないですが

 

夏休みは終わりを迎え、奈月は長野に戻ることに。春また来ると約束し、改札越しに向かい合う二人。

 

f:id:balbo6:20170416045403j:image

何かを言いかけて口をつぐむ奈月。代わりに紡いだ言葉はー

 

 

f:id:balbo6:20170416045521j:image

「またねっ」

 

 

 

 

んんんんんんんんんん!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!("健気"2倍×"別れ"2倍=4倍弱点)

 

 

 

 

ここまででも5000兆点に値する展開ですが、更に5000兆点加点できるのがこのエピローグ。

 

夏休みの間に増えていった奈月の生活指導。家に帰ると、その項目がひとつ増えていた。

 

f:id:balbo6:20170416045850j:image f:id:balbo6:20170416045853j:image

 

 

 

 

あああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!(急所)

 

 

 

別れ際、言いたいことは色々あったと思います。仕事の忙しさが減るわけでもなし、兄の今後が心配だったことでしょう。エールの言葉は口から出かけて、しかし、ここに既に伝えたいことを書き残しておいたから、あえてあの場では「またね」の一言を絞り出したんですね。このワンシーンで奈月の沈黙に意味付けがなされ、一層輝く巧妙な仕掛けです。切ない、愛しい、といったものを超越した「美しさ」ーー恋愛とは違う愛情をここに感じ取れませんか。これを4分×4話で表現しきるって神かなにか?

 

何度も見返したいと思えるアニメに出会えたのは初めてかもしれません。5〜8話だけ切り取ったBlu-rayとか発売されないかな。

 

 

BanG Dream!

f:id:balbo6:20170416070601j:image

なにこれー!

 

前半はかなりきな臭い内容でしたね。メンバーが5人揃ってからはだいぶ持ち直して良くなって来た印象です。ただ、良くも悪くも見てて辛い場面があったのはどう見ればいいのか。前半でいえばきらきら星無限ループ、後半でいえば香澄の声が出せなくなるシーン。妙に尺をたっぷりとるもんだからむず痒くてもどかしくって…。

「登場人物の8割が頭おかしいアニメ」と評判になってましたが、さすがに誇張ですね。香澄とおたえ以外はまともだと思います。というかこのふたりがズバ抜けている。

 

f:id:balbo6:20170416072203j:image

有咲の攻撃的な物言いはなかなか痛快でした!彼女がいたからバンドリの世界はなんとか成り立ってた、といえるかもしれません。「バンドリ界の潤滑油」、別に褒め言葉ではなさそう。

 

書いてる時点で観てるのは11話までなので、ここから最終話までどう締めていくか楽しみです。

 

ガヴリールドロップアウト

f:id:balbo6:20170416035505j:image

おもしろーい!

 

ヒロインみんな可愛いアニメ第ニ弾。テンポ良くギャグも面白くなによりヒロインが可愛い!!癒し担当のラフィエルとヴィーネ、ギャグ担当のガヴリールとサターニャ、見てて幸せなアニメでした。文句なし。

 

f:id:balbo6:20170416035935j:image

前述の通り全員満点なので甲乙つけがたいですが、強いて挙げるならサターニャはほんとにかわいかった!声が可愛くて、アホでチョロくてでも強気なのはいいですね。120点!あんハピ♪の響に似たものを感じます。

 

 

小林さんちのメイドラゴン

f:id:balbo6:20170416040243j:image

テンポいー!

 

ヒロインみんな可愛いアニメ第三弾。ガヴドロのギャグ要素を削りテンポを増した印象です。癒しを与えてくれる点ではどちらも一級品。それでいて最終回は泣きの要素もあり、しっかりまとまってました。小林さん経済面とか精神面とかさ色々超人すぎィ!

あと、京アニというとユーフォのとこですよね?作画も幅広いなあと素人ながらに思ってました。

 

f:id:balbo6:20170416040947j:image

カンナカムイの「おーっ」、いいですよね。いかにもオタクを殺しにかかった声だと分かっていますが、負けるときは負けます。一時期TwitterのTLに4、5人カンナがいた気がします。

エルマも負けず可愛らしかったのですが、出番がね…

 

 

けものフレンズ

f:id:balbo6:20170417005159j:image

すごーい!

 

1話を見た僕「なんだこのクソアニメ!?」

最終話を見た僕「なんだこの神アニメ!?」

清々しいほどに僕の掌を返してくれた、大逆転アニメでした。

 

3月のライオンにも共通して言えることですが、方向性が分かるとアニメは途端に面白くなるというのを実感しました。最初はバカやってるなと客観的に見てましたが、だんだんとふたりの冒険活劇に入り込んでしまいました。僕だけじゃないですよね?

 

このアニメは何と言っても最終話!見る人の欲望をここまで鮮やかにすべて満たしてくれるとは予想していませんでした。今までのキャラクターが全員集合して同時にOP曲・タイトルロゴがバーン!この激アツ展開だけでも値千金ですね。僕の一番好きなパターンでした。

また、最終話を見た後に1話を見ると初見では気付かなかった価値を見いだせて不思議な気分でした。同じ話のはずなのに2周目で違う受け取り方ができる、という点で文学作品に似たものを感じます。

 

f:id:balbo6:20170417010328j:image

アルパカ・スリ好き…。一時期あの動画を無限回数リピート再生してましたね。全員集まった時もアルパカ・スリが出ないか出ないかと画面に噛り付いていたので彼女が断トツでお気に入りなんでしょうね。

 

1話で切るのはもったいない!という教訓を得ました。アニメそれぞれに個性があって、いいところがあるんですね。

 

 

S ワンルーム(奈月)

A けもフレ メイドラ ガヴドロ 3月獅子

B うらら ワンルーム(奈月以外) セイレン バンドリ

C

 

ヒロイン

奈月>サターニャ>アルパカスリ>カンナ>ラフィエル

 

 

2017春アニメ全く把握できてません…。1周年記念にくまみこ2期があるというの以外わからないんですよね。これは非オタクまっしぐらですね…間違いない

 

*1:この後の部分を書く時にもボロボロ泣いたんで6戦6敗ですね